メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日社会福祉顕彰に「シャローム」  「共生社会」歩み止めず 障害者も被災者も /福島

NPO法人「シャローム」代表理事の大竹静子さん(右)と夫の隆さん=福島市で

 障害のある人もない人も共に生きる社会の実現を目指して活動を続けてきたNPO法人「シャローム」(福島市)が第49回毎日社会福祉顕彰を受賞した。大竹静子代表理事(71)は「続けてきて良かった。ありがたい限りです」と喜び、夫の隆さん(66)は「当たり前のこととして続けてきた。驚いた」と笑った。【磯貝映奈】

 学生時代に福祉施設で実習をした静子さんは、悲惨な日常を目の当たりにした。実習の指導者たちは「言葉で…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです