メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風15号支援 「災害弱者しわ寄せ」 医師らが活動報告 真岡 /栃木

 台風15号で被害を受けた千葉県南房総市で医療救護活動を行った日本赤十字社県支部の医療救護班のメンバー8人が18日に県内に戻り、真岡市の芳賀赤十字病院で現地での活動内容を報告した。南房総市内では電気が使えない地域もあり、多くの人が生活に困っていたという。

 メンバーは16日に現地入りし、障害者らが生活…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです