メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

館林「オリーブの森」で除草 赤ちゃんヤギ、愛らしい姿 新たな名物に /群馬

赤ちゃんヤギと母ヤギ=群馬県館林市内で

 地球温暖化対策に館林市内で「オリーブの森」作りに取り組むベンチャー企業が、除草のためにヤギを飼い始めたところ、今月13日に赤ちゃんが誕生。母ヤギ、姉ヤギとともに愛らしい姿を見せている。耕作放棄地を利用し、稼げる農業も目指すこの取り組み。オリーブとヤギの組み合わせが館林の新たな名物となるか注目される。

 この企業は、市内の老舗文房具店「三田三昭(さんしょう)堂」の三田英彦社長(55)が2017年に創業…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  4. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  5. 選挙 桜井市長選で自民党県連が松井氏を推薦 /奈良

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです