メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ探訪

石川県小松市・能美市 KUTANism 伝統工芸の新たな姿 /北陸

「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」展の会場=石川県小松市若杉町のセラボ・クタニで、日向梓撮影

 伝統工芸・九谷焼の魅力を世界に発信する総合芸術祭「KUTANism(クタニズム)」が6日、石川県小松、能美両市の約10会場で開幕した。来月14日まで。「いつか九谷焼の器を食卓に」と夢見る記者(日向)が会場を訪れた。【日向梓】

 クタニズムは2市や九谷焼作家、公共施設、地元の人々らが連携する初の試み。2023年の北陸新幹線敦賀延伸により、加賀地域を訪れる観光客の増加を見据え、九谷焼を国内外にアピールするのが狙いだ。

 九谷セラミック・ラボラトリー(通称セラボ・クタニ、小松市若杉町)では、東京芸大大学美術館の秋元雄史…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです