メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

噴火5年・御嶽山は今

山頂祈とう所、開錠を 入山期間中 遺族、御嶽神社に要望 /長野

御嶽神社の武居哲也宮司(右端)に要望する荒井寿雄さん(左端)とシャーロック英子さん(左から4人目)=長野県木曽町三岳の御嶽神社で

 御嶽山噴火災害の犠牲者遺族らでつくる「山びこの会」は18日、木曽町と御嶽神社に対し、御嶽山頂の剣ケ峰にある御嶽神社頂上奥社の祈とう所を、町が定める入山規制緩和期間(今年は7月1日~10月16日)の間、避難所に使えるよう要望書を出した。「あの日、祈とう所が開いていれば……」。噴火時に山頂で息子を失った遺族は、いまだに諦めきれない思いをぶつけた。【小川直樹】

 神社の開山期間(7月10日~9月3日)は祈とう所に神社関係者が常駐するが、今月4日から無人になり、…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです