メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大嘗祭「斎田」 南丹の中川さん水田に /京都

 南丹市八木町氷所新東畑の水田約27アールが18日、皇位継承に伴って11月14、15日にある皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」で神前に供える米を収穫する「斎田(さいでん)」に決まった。大田主(おおたぬし)と呼ばれる耕作者の中川久夫さん(75)=南丹市八木町氷所川西=らが「大変名誉なことで、しっかりと取り組んでいきたい」などのコメントを発表した。

 今年5月の「斎田点定(てんてい)の儀」で西日本は府内が収穫地に選ばれ、宮内庁がJA京都中央会に斎田…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「私生活動画」収集計画のIT会社、参加希望者のメアド流出

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです