メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅前の名物

寺地町駅 阪堺電気軌道 くるみ餅(堺市・かん袋)

秘伝の緑色のあんにくるまれた「くるみ餅」=堺市堺区の「かん袋」で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 注文すると、木の番号札が渡され、しばし待つ。現れたのは、目にも涼しい緑のあん。さじで餅に絡ませ頰張ると、絶妙な歯ごたえと甘さが口に広がる。クルミの実ではなく、あんにくるまれているから「くるみ餅」。

 寺地町駅から路地を入ると、鎌倉時代末の1329年創業「かん袋」はある。名付け親は豊臣秀吉。大坂城築城で当主が餅作りで鍛えた腕力を発揮し、瓦を屋根に上げる様子は紙袋が舞うように見えた。当初の屋号は和泉屋だったが、秀吉が「以後、かん袋(紙袋)と名付けよ」とたたえたという。

 提供するのはくるみ餅のみで、あんの材料や製法は秘伝。室町時代、貿易港として栄えた堺にフィリピンから砂糖が入り、今の味になった。27代目当主の今泉文雄さん(68)は「基本的な製法は当時から変わらず体力勝負」。2人の息子と朝6時から仕込む。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです