メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅前の名物

寺地町駅 阪堺電気軌道 くるみ餅(堺市・かん袋)

秘伝の緑色のあんにくるまれた「くるみ餅」=堺市堺区の「かん袋」で、前本麻有撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

鎌倉期から続く、秘伝の味

 注文すると、木の番号札が渡され、しばし待つ。現れたのは、目にも涼しい緑のあん。さじで餅に絡ませ頰張ると、絶妙な歯ごたえと甘さが口に広がる。クルミの実ではなく、あんにくるまれているから「くるみ餅」。

 寺地町駅から路地を入ると、鎌倉時代末の1329年創業「かん袋」はある。名付け親は豊臣秀吉。大坂城築城で当主が餅作りで鍛えた腕力を発揮し、瓦を屋根に上げる様子は紙袋が舞うように見えた。当初の屋号は和泉屋だったが、秀吉が「以後、かん袋(紙袋)と名付けよ」とたたえたという。

 提供するのはくるみ餅のみで、あんの材料や製法は秘伝。室町時代、貿易港として栄えた堺にフィリピンから…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 北海道宗谷地方北部で震度5弱 津波の心配なし

  3. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  4. 熱血!与良政談 逃げ切らせないために=与良正男

  5. 反社会勢力「定義で固めるとかえって複雑」 桜を見る会 菅氏会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです