メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園のなかまたち

ペンギンの鳥マラリア予防 60羽分の薬、心込めて調剤 /兵庫

 緑豊かな園内では、展示生物以外にもたくさんの生きものを見つけることができます。 年中、目にするカラスやスズメなどの野鳥のほか、夏になると存在感を増すのが虫たちです。セミの鳴く声は夏の演出として悪くないのですが、どうしても厄介といわざるを得ないのが蚊です。耳元でプーンと聞こえたかと思うと、腹がパンパンになるまで吸血するくせものです。かゆいだけならまだしも、実はペンギンに恐ろしい病気を運ぶ可能性を秘めています。その病気は、鳥マラリアです。

 熱帯地域で流行している、ヒトの熱帯熱マラリアをご存じの方も多いでしょう。単細胞の小さな寄生虫である鳥マラリア原虫が血液に侵入することで発病します。蚊の繁殖シーズンにあたる春から夏は、卵の成熟に必要な栄養分を得るためメスが吸血を行います。この時、吸血対象となる動物が鳥マラリアに感染していた場合、蚊は原虫を含む血液を吸引します。原虫は蚊の体内で増殖し、唾液腺に集まります。そして、次に吸血する時には唾…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1020文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです