メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ローカル情報発信」講座 SNS発信学ぶ 県の魅力、移住希望者へ 15人が成果発表 /和歌山

小嶋一商店で店主の小嶋修一さんの話を聞き、熱心にメモをとる受講者ら=和歌山市加太で、最上聡撮影

 和歌山の魅力をSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で発信してもらい、移住希望者の増加につなげようと、発信方法などを学べる講座「ローカル情報発信ラボin和歌山2019」を県が開催した。Uターン、Iターン者らが対象で、紀北スクール(和歌山市)と紀南スクール(田辺市)の2カ所で7月から講義が行われてきた。今月14日は紀北スクールの最終回で、受講者約15人が成果を発表した。【最上聡】

 講座は、地域情報発信を手掛ける合同会社「イーストタイムズ」に県が運営を委託。中野宏一代表社員・CE…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文787文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです