メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

物心両面で協力強化 筑紫女学園大とエフコープ 災害時の相互協定を締結 /福岡

災害発生時の相互協力に関する協定を締結した中川学長(左)と堤理事長

 筑紫女学園大(太宰府市)とエフコープ生活協同組合(篠栗町)は18日、災害発生時の相互協力に関する協定を締結した。

 両者は一昨年の九州北部豪雨の際、東峰村の仮設住宅で協力して支援活動したのをはじめ、昨年の西日本豪雨でも共同で住民への炊き出しに当たるなど連携を深めてきた。関係を更に強固にするため、災害時にエフコープが食料品や日用品を提供し、筑女大が学…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです