メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県中小企業、後継者不在は36% 産業労働部長「金融、商議所と連携」 /佐賀

 県の中小企業への支援事業で、事業所の課題などを把握する「事業承継診断」の実施件数が8月末までに計約5200件で、そのうち後継者不在の企業は1900件、全体の約36%に上ることが分かった。18日の県議会9月定例会で、澤田斉司産業労働部長が西久保弘克議員(自民)の一般質問に答えた。

 県経営支援課によると、県は昨年度、中小企業を訪問して現状や課題を聞き取る事業承継支援員7人を商…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです