メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現実的なダム無し案を 球磨川治水で住民団体が要請書 /熊本

 国土交通相の川辺川ダム建設中止表明から10年の17日、ダム建設に反対する「子守唄(うた)の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」は熊本県に要請書を提出した。球磨川の治水について国、県、流域市町村が協議する球磨川治水対策協議会で、おおむね20~30年で整備できる現実的なダム無し治水案を検討することなどを求め、近く国交省にも提…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです