メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米貿易協議 米国産牛に低関税枠 輸入大半適用

 日米貿易協議で、日本が米国産牛肉について、約24万トン分の低関税輸入枠を設けることが18日、明らかになった。現在の米国産牛肉の輸入量の大半がカバーされる見通し。外国産牛肉には、既に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で設けられている60万トンを上限とする低関税枠があり、新たに低関税枠が加わることで、国内農業に打撃となる可能性がある。

 日本は現在、TPPを離脱した米国の牛肉に38・5%の関税をかけており、他国産の牛肉を含め、輸入量が前年比で17%増えた場合、緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動し、関税率を50%に引き上げている。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです