メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 森林破壊、大統領が「促進」 ブラジル先住民「悲しい」(その1)

 南米ブラジルで世界最大のアマゾン熱帯雨林の破壊が深刻化している。「ブラジルのトランプ」と呼ばれる極右のボルソナロ大統領は環境より開発を優先。大統領に感化された牧場主や農園主が違法伐採や野焼きを重ねる。北部アルタミラ市近郊に広がるアララ先住民保護区の一角で、森がぱっくりと切り開かれ、無残な姿をさらしていた。

 「森は一度、壊れると元に戻らない」。先住民のトゥルーさん(37)は憤る。森は、木の実を売ったり、樹皮で自家製の薬を作ったりして暮らす先住民の生活基盤だ。トゥルーさんは残された切り株を指さし、「悲しい」と繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです