メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 森林破壊、大統領が「促進」 ブラジル先住民「悲しい」(その1)

 南米ブラジルで世界最大のアマゾン熱帯雨林の破壊が深刻化している。「ブラジルのトランプ」と呼ばれる極右のボルソナロ大統領は環境より開発を優先。大統領に感化された牧場主や農園主が違法伐採や野焼きを重ねる。北部アルタミラ市近郊に広がるアララ先住民保護区の一角で、森がぱっくりと切り開かれ、無残な姿をさらしていた。

 「森は一度、壊れると元に戻らない」。先住民のトゥルーさん(37)は憤る。森は、木の実を売ったり、樹…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです