メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動と戦う

クライメートポリティクス 森林破壊、大統領が「促進」 ブラジル先住民「悲しい」(その2止)

違法伐採された森を歩く軍兵士ら=ブラジル北部のシクリン先住民保護区で2019年9月11日、山本太一撮影

 

「アマゾン、俺たちのもの」 違法伐採、摘発困難

 9月11日、違法伐採を摘発する環境・再生可能天然資源院の取締官に同行し、ブラジル北部の先住民シクリンの保護区に入った。

 午後5時半。「あった。静かに」。取締官が木に巻き付けられた赤い布を見つけて、記者に注意した。布は伐採業者のキャンプの存在を示す目印の可能性がある。一行に緊張が走る。銃撃戦になることもあるからだ。

 拳銃で武装した取締官と、ライフルを構えた軍兵士2人が森に分け入る。約5分で戻ってくると、「入ってい…

この記事は有料記事です。

残り2766文字(全文2998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです