メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外玉沢元農相、自宅前で撃たれる 80代男が出頭 命に別条なし
気候変動と戦う

クライメートポリティクス 森林破壊、大統領が「促進」 ブラジル先住民「悲しい」(その2止)

違法伐採された森を歩く軍兵士ら=ブラジル北部のシクリン先住民保護区で2019年9月11日、山本太一撮影

 

「アマゾン、俺たちのもの」 違法伐採、摘発困難

 9月11日、違法伐採を摘発する環境・再生可能天然資源院の取締官に同行し、ブラジル北部の先住民シクリンの保護区に入った。

 午後5時半。「あった。静かに」。取締官が木に巻き付けられた赤い布を見つけて、記者に注意した。布は伐採業者のキャンプの存在を示す目印の可能性がある。一行に緊張が走る。銃撃戦になることもあるからだ。

 拳銃で武装した取締官と、ライフルを構えた軍兵士2人が森に分け入る。約5分で戻ってくると、「入ってい…

この記事は有料記事です。

残り2766文字(全文2998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  4. 織田信成さんが関大コーチを提訴「悪弊へ一石投じる思い」

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです