メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

大阪冠する梅田、駅名は世につれ=野原靖

 阪急電鉄と阪神電気鉄道のターミナルである梅田駅が、来月からそろって、大阪梅田駅へと改称される。

 梅田には、阪急、阪神、大阪メトロ、そしてJRが乗り入れる。このうち「大阪」を駅名に使うのはJRだけだ。出張者や旅行者からは、以前から「同じ場所なのに分かりにくい」という声も聞かれたが、これまで駅名論議などは起きなかった。

 もともと関西は、私鉄王国と呼ばれるほど私鉄の存在感が強かった。長距離輸送は旧国鉄が担ったが、都市近郊輸送では私鉄各社が覇を競った。最初に開業したのは大阪駅だが、市民らは「梅田すてんしょ(ステーション)」などと呼んだという。梅田の地名は湿地を埋め立てた「埋田」が由来で地味だが、大阪の発展につれて、梅田はその中心としてブランド地名に成長し、自慢の名前になった。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです