メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

大阪冠する梅田、駅名は世につれ=野原靖

 阪急電鉄と阪神電気鉄道のターミナルである梅田駅が、来月からそろって、大阪梅田駅へと改称される。

 梅田には、阪急、阪神、大阪メトロ、そしてJRが乗り入れる。このうち「大阪」を駅名に使うのはJRだけだ。出張者や旅行者からは、以前から「同じ場所なのに分かりにくい」という声も聞かれたが、これまで駅名論議などは起きなかった。

 もともと関西は、私鉄王国と呼ばれるほど私鉄の存在感が強かった。長距離輸送は旧国鉄が担ったが、都市近郊輸送では私鉄各社が覇を競った。最初に開業したのは大阪駅だが、市民らは「梅田すてんしょ(ステーション)」などと呼んだという。梅田の地名は湿地を埋め立てた「埋田」が由来で地味だが、大阪の発展につれて、梅田はその中心としてブランド地名に成長し、自慢の名前になった。

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文890文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 日本国内の感染者、4週間で27万人超に 米グーグルのAIが大幅増を予測

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです