メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

主要紙は「韓国語版」サイトを=鈴木弘貴 聖心女子大学教授(グローバルジャーナリズム論)

鈴木弘貴・聖心女子大学教授

 「日本ではどのように報道されているのか」。韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定後の8月下旬、ソウルでの国際シンポジウムに出席した私は、韓国のメディア・ジャーナリズムの研究者たちから質問攻めにあった。

 私は逆に、ハンギョレ新聞日本語版の記事を日本語のよくできる韓国人研究者に見せ、「原語では本当にこんな表現をしているのか」と尋ねた。その記事は、破棄に関し、日本側が「かなり侮辱的な反応を示した」などの記述があった。日本の主要紙ではまず使わないような情緒的な表現に驚いたからである。

 韓国の新聞は日本の新聞より過激な表現を使っていると指弾しようとしているのではない。日本人は、韓国の…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです