メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会バリアフリー着々 議席に投票ボタン/介助費一部負担 れいわ2氏への対応、急ピッチ

参院本会議場の「れいわ新選組」の舩後靖彦氏、木村英子氏の両議員席に押しボタン装置を設置する工事をする作業員=国会内で2019年9月17日午前10時51分、川田雅浩撮影

 参院は10月4日に召集される臨時国会を前に、「れいわ新選組」所属で重度身体障害者の舩後(ふなご)靖彦、木村英子両参院議員の活動に支障が出ないよう準備を急いでいる。今月17日から、本会議場の両氏の議席に「押しボタン式投票」装置の設置工事を開始。議員活動での介助費用は、1日当たり一律8時間分を参院が負担する方針も決めた。【古川宗】

 両氏の議席は、議長選出のために8月初旬に開かれた臨時国会の際、車椅子のまま入れるよう最後方の3人分の議席を改修して確保した。

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです