メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅・コンビニに宅配ロッカー アマゾン、再配達減/設置箇所、顧客取り込み

宅配ロッカーの前に並ぶアマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長(右から3番目)と提携企業の社長ら=東京都目黒区のアマゾンジャパン本社で9月18日午前11時10分、鳴海崇撮影

 アマゾンジャパンは18日、コンビニエンスストアや駅などに宅配ロッカーを設置し、顧客に商品を届けるサービスを始めた。

 年内には首都圏のファミリーマートや小田急電鉄の主要駅など約100カ所に置き、2020年以降は全国に順次広げていく計画。インターネット通販の拡大とともに再配達が急増しており、ロッカーの利用普及で物流現場の負担を軽減したい考えだ。

 アマゾンが展開するのは「アマゾン ハブ ロッカー」。東京都や神奈川県を中心に、ファミマやスーパーの…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです