メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第10部 マルハニチロ/3 えさのサバ争奪戦

店頭に並ぶマルハニチロのサバ缶=深津誠撮影

 鹿児島県・奄美大島のマルハニチロの養殖場。いけすに横付けされた船上の機械から大量のサバが勢いよくはき出されていく。完全養殖クロマグロは出荷前に脂を乗せるため、生のサバを与える。1キロ太らせるのに13~14キロの生えさが必要となるが、「生えさはとんでもなく高くなっている」。養殖場所長の小野寺純(50)は頭を悩ませる。「20年ぐらい前は1キロ30円を下回っていたのが、2~3年前には70円程度、今では98円まで上がっている」

 原因は遠いアフリカ大陸にあった。ここ2~3年でナイジェリアやエジプト、ガーナへの日本からのサバの輸…

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1125文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです