メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胎児のRh型99%判別 母の血液から 重篤な疾患対処 国立成育研

 妊婦の血液を使って出生前に胎児の血液型を高い精度で判別する検査法を国立成育医療研究センター(東京都)などのグループが開発した。妊婦がRhマイナスで胎児がRhプラスの場合、胎児が重篤な疾患を発症する恐れがあり、グループは「妊婦や胎児に適切な処置ができるようになる」と説明している。

 血液型にはABO型のほか、赤血球に含まれる特定のたんぱく質(抗原)の有無で判別するRh型がある。日本人は200人に1人がRhマイナスとされ、母親がRhマイナスの場合、父親もRhマイナスでない限り、胎児がRhプラスとなる可能性がある。母親がRhマイナスで胎児がRhプラスだと免疫反応で胎児に悪影響があり、放置すると…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです