メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胎児のRh型99%判別 母の血液から 重篤な疾患対処 国立成育研

 妊婦の血液を使って出生前に胎児の血液型を高い精度で判別する検査法を国立成育医療研究センター(東京都)などのグループが開発した。妊婦がRhマイナスで胎児がRhプラスの場合、胎児が重篤な疾患を発症する恐れがあり、グループは「妊婦や胎児に適切な処置ができるようになる」と説明している。

 血液型にはABO型のほか、赤血球に含まれる特定のたんぱく質(抗原)の有無で判別するRh型がある。日本人は200人に1人がRhマイナスとされ、母親がRhマイナスの場合、父親もRhマイナスでない限り、胎児がRhプラスとなる可能性がある。母親がRhマイナスで胎児がRhプラスだと免疫反応で胎児に悪影響があり、放置すると…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  4. 青森市の61歳女性殺害容疑 同居の長男を逮捕

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです