メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨時、1万メートルまで多量の水蒸気 上空湿度、熱帯並み80%超 京都大チーム

 昨年7月の西日本豪雨時は、九州から中部地方にかけて、上空約1万メートルまで多量の水蒸気が存在していたことを、京都大防災研究所の研究チームが突き止めた。湿度が80%に達し、熱帯地域に匹敵する気象条件だったという。論文が19日、日本気象学会誌(電子版)に掲載される。

 当時は太平洋高気圧が西に張り出すなどの条件が重なったため、南海上や東南アジアから東シナ海上空に水蒸気が集まり、季節風で日本上空に運ばれる状況となっていた。

 竹見哲也准教授(気象学)らのチームは、5キロ四方に区切ったます目ごとの湿度や水蒸気量、気圧、気温な…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです