メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

荒木健太郎さん=映画「天気の子」気象監修の雲研究者

荒木健太郎さん

荒木健太郎(あらき・けんたろう)さん(34)

 「見えない大気の状態を可視化してくれるのが雲。雲の姿形から、空がどうなっているのかを読み取ることができる」。研究室の壁一面に張られた雲の写真を前に、観察の魅力を熱く語る。

 気象庁気象研究所(茨城県つくば市)で、研究官として豪雨など気象災害をもたらす雲の仕組みに迫るかたわら、ツイッターなどで気象に関する情報発信に力を入れる。著作を読んだ新海誠監督から声がかかり、公開中の映画「天気の子」の気象監修を担当。「雲や雨などの描写がものすごく細かい。特に積乱雲が見どころ」と話す。

 慶応大経済学部に入学したが、好きな数学をもっと実生活に役立てる分野で研究をしたいと、中退して気象大…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文701文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです