毎日社会福祉顕彰 受賞者の喜びの声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

養護盲老人ホーム開設 茂木幹央さん(83)=埼玉県深谷市 社会福祉法人「日本失明者協会」理事長

 2歳の時、はしかが原因で失明。日大卒業後、厚生教官を経て日本失明者協会を設立し、1979年、故郷の埼玉県深谷市に同県初の養護盲老人ホーム「ひとみ園」を開設した。「視覚障害者の職業選択の幅を広げ、楽しみの少ない老後を有意義に暮らせるように」と活動を広げ、現在は特別養護老人ホームや若い障害者のためのグループホーム、就労継続支援事業所など計6施設を運営。「ありがたい」と受賞を喜ぶ。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文697文字)

あわせて読みたい

注目の特集