メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

小児科医にスマホで相談

「小児科オンライン」の画面と、橋本直也・キッズパブリック代表

 子どもの体調や受診の必要性をスマートフォンや電話で相談できる「小児科オンライン」のサービスについて、住民に提供する自治体が増えている。小児科の専門医が不足する地域での相談や、軽症者の受診を適正化するために活用されているという。

 ●受診の要否を判断

 「本当に手足口病じゃないのかな」。鹿児島県錦江町の看護師、宿利原朋美さん(41)は昨年、当時1歳だった長男(2)を小児科クリニックで診察してもらったが、手足の発疹と熱が続き、不安が募った。人口約7500人の町に小児科の専門医がいないため、宿利原さんは町がふるさと納税で導入した「小児科オンライン」を利用。画像を見せて相談すると、手足口病の特徴とは異なることが理解できた。「夜間に聞けるところがあると安心」と振り返る。

 急な子どもの発熱やけがで、保護者が受診の要否を判断するのは難しい。夜間休日診療所に行っても、長時間…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです