メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

伊勢湾台風60年の教訓 日本の防災に影響、今も続く研究

 台風災害では明治以降最悪の被害を出した伊勢湾台風から今年で60年となる。襲来2年後に災害対策基本法が制定されるなど、日本の防災に大きな影響を与えただけでなく、気象現象としての特殊性に着目し、その発達の謎を解明するための研究が今も続いている。【大場あい】

 ●低かった予報精度

 1959年9月21日、マリアナ諸島の東海上で台風15号が発生した。勢力が強く、25日付毎日新聞夕刊は「27日朝本土上陸か 猛台風の15号」という見出しで、注意を呼びかける記事を掲載した。だが当時の予報の精度は低く、記事では「本州のどこかに上陸するか(略)太平洋沿岸をかすめるか、予断を許さない」との記載にとどまる。

 その後、15号は26日午後6時過ぎに紀伊半島の南端・潮岬(和歌山県)に上陸。その後も時速65キロで…

この記事は有料記事です。

残り1415文字(全文1760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです