メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

災害対策としてのデータ公開

 今回の台風では、公共交通と電力についての再開見通しの甘さが混乱に拍車をかけたという指摘が多い。

 しかし交通と電力等インフラ系企業は日本の中でも特に保守的――突貫精神で甘い発表をするのとは正反対の人の集まりだ。さらに現場にも全国の電力技術者が協力で入り、できる限りの復旧努力を行っている。

 だから皆が復旧予定を信じたし、テレビで「絵になる」大きな水害も土砂崩れの報道もなく、行政やマスコミだけでなく我々皆が――いわば甘く考えていた。それがズルズルと復旧が遅れ大問題となった。さらに、携帯電話をはじめとする通信の途絶長期化も想定外。

 電力の早期復旧は現場に素早く人員が行ける交通網が鍵。交通の素早い復旧には電力。通信の再開にも交通と…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1174文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです