メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武5-0オリックス たまらん外崎の走攻守

 投打がかみ合った西武が快勝した。二回、山川の適時二塁打で先制。七回は外崎の25号ソロなどで3点を加え突き放した。ニールは自身10連勝で11勝目。オリックスは打線のつながりを欠いた。

M6に貢献

 大事な7連戦の初戦を取った西武。外崎の持ち味が、この1試合に凝縮されていた。走攻守すべてで、優勝へのマジックを6に減らすことに貢献した。

 まずは「足」だ。二回1死から中前打で出塁すると、続く山川の左中間二塁打で一気に先制のホームを踏んだ…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです