プロ野球 西武5-0オリックス たまらん外崎の走攻守

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 投打がかみ合った西武が快勝した。二回、山川の適時二塁打で先制。七回は外崎の25号ソロなどで3点を加え突き放した。ニールは自身10連勝で11勝目。オリックスは打線のつながりを欠いた。

M6に貢献

 大事な7連戦の初戦を取った西武。外崎の持ち味が、この1試合に凝縮されていた。走攻守すべてで、優勝へのマジックを6に減らすことに貢献した。

 まずは「足」だ。二回1死から中前打で出塁すると、続く山川の左中間二塁打で一気に先制のホームを踏んだ。「打」では七回、オリックス荒西の直球を捉え、自身10試合ぶりとなるソロ。「難しい球だったが、うまい具合に反応できた」と笑顔で語った。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文601文字)

あわせて読みたい

ニュース特集