メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

同性の事実婚認める 初の司法判断 宇都宮地裁支部

 婚姻に準じた「事実婚(内縁)」が、同性カップルの間でも成立するかどうかが争われた慰謝料訴訟の判決で、宇都宮地裁真岡支部(中畑洋輔裁判官)は18日、「同性カップルであっても、内縁に準じた法的保護に値する利益が認められる」とする判断を示した。男女間の内縁と同視できる事情がある場合には、同性間でも内縁が成立すると事実上認めた初めての司法判断とみられる。同性婚を巡る議論にも影響を与えそうだ。【服部陽】

この記事は有料記事です。

残り1463文字(全文1662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです