観光激減、対馬悲鳴 隣国頼み、廃業の懸念も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日韓関係の悪化による観光への打撃が深刻化している。8月の韓国人訪日客は前年同月と比べて48%減少。観光地からは悲鳴が上がる一方、改善の兆しが見えない現状に見切りを付け、韓国以外のアジアからの観光客誘致にシフトする動きも出始めている。

 韓国まで海を挟んで約50キロと近い長崎県対馬市も韓国人客減の直撃を受ける。韓国から船で約70分で行ける海外旅行先として人気で、市によると昨年は過去最高の41万人が訪れたが、8月は約8割減。市の担当者は「韓国に頼ってきた観光業者は厳し…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集