メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
美元

高嶋政伸の元妻が「ミセスシンガポール」に “裏切り”&沈黙の理由が明らかに

9月22日放送の「追跡ドキュメントバラエティ シンジジツ」のワンシーン(C)フジテレビ

[PR]

 俳優の高嶋政伸さんの元妻の美元(みをん、現在はユウコ・チャン)さんが、9月22日放送の「追跡ドキュメントバラエティ シンジジツ」(フジテレビ系)に出演することが9月20日分かった。美元さんは2012年に高嶋さんと離婚後、滞在していたシンガポールでシンガポール人の男性と再婚して移住。本名の芦澤裕子から名が変わり、ユウコ・チャンとして今年5月に「ミセスシンガポール」のグランプリを受賞し、現在は12月の世界大会を目指している。美元さんのシンガポールでの生活を映像で紹介するのは、日本で初めて。

 番組は「極楽とんぼ」の加藤浩次さんがMC。本人の告白や再現ドラマVTRで「思い込んでいたこと」や「注目・話題の現象」を取材し、「シンジジツ」(新事実・真事実、深事実、心事実)を伝える……という内容。同局の三田友梨佳アナウンサーがキャスター。ゲストとして萬田久子さん、伊集院光さん、ゆきぽよさんも出演する。

 美元さんは、20歳だった2000年に「ミス・ユニバース・ジャパン」に出場し、準グランプリを受賞。その後、世界10カ国でモデルとして活躍し、女優デビューを果たした。しかし、7年前の離婚騒動で、「サイコパス」「DV」「浪費家」「ストーカー」など、世間から大バッシングを受け、所属していた事務所を解雇された。

 番組では、当時、過熱したマスコミの取材、捏造(ねつぞう)された情報や記事など本人の告白と共に過去の映像、そして再現VTRを交えて、当時、彼女が精神的に追い詰められることになった“裏切り”、守り続けた沈黙の理由などの“シンジジツ”が明かされる。9月22日午後9時から放送。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです