「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旭日旗について「日本国内で長い間広く使用されている」と説明する文書=外務省ホームページより
旭日旗について「日本国内で長い間広く使用されている」と説明する文書=外務省ホームページより

 外務省が旭日旗に対する理解を広げようと情報発信に力を入れる一方、以前の海外安全情報で「過去の歴史を容易に想起させるもの」として注意喚起したこととの整合性で説明に苦慮している。

 旭日旗を巡っては、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が競技会場への持ち込みを容認する姿勢を示したのに対し、韓国の文化体育観光省が今月11日、持ち込み禁止を求める書簡を国際オリンピック委員会(IOC)に送ったと発表している。

 外務省の大鷹正人外務報道官は18日の記者会見で「旭日旗は大漁旗や出産・節句のお祝いの旗などで広く使用されていて、長い歴史を誇るものだ」と強調。「掲示は政治的宣伝とはならず、旭日旗を持ち込み禁止品とすることは想定していない」とする組織委員会の方針に理解を示した。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文888文字)

あわせて読みたい

ニュース特集