メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イランに「究極の選択肢」トランプ氏 攻撃ちらつかせ国際圧力強化模索

トランプ米大統領=高本耕太撮影

 サウジアラビアの石油施設への攻撃を巡り、トランプ米大統領は18日、イラン制裁を強化すると発表し、軍事的な報復の選択肢を排除しない考えを示した。米側はイランへの圧力強化の姿勢を鮮明にしつつ、国際的なイラン包囲網の構築も急いでいる。

 「究極の選択肢もある」。トランプ氏は新たな対イラン制裁措置を科す方針を表明したうえでこう述べ、「究極の選択肢」は軍事攻撃だと説明した。

 米軍の無人機が6月にイラン革命防衛隊に撃墜された際、トランプ氏はイラン攻撃を一時検討したが直前になって中止した。報復合戦が全面戦争に発展し、大統領選での再選が危うくなる事態を危惧したと受け止められた。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文952文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです