メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓訴訟の原告 塚本協子さん死去 84歳 制度導入目指し「ななの会」結成

塚本協子さん=富山市内で2015年12月10日、青山郁子撮影

 選択的夫婦別姓制度導入を目指し、夫婦別姓訴訟の原告の一人となった、塚本協子さんが14日、心臓発作のため亡くなった。84歳。葬儀は近親者のみで営んだ。喪主は長男創(つくる)さん。

 高校教員を経て2002年、選択的夫婦別姓制度の導入を目指し「ななの会」を結成。11年、夫婦別姓を認めない民法の規定は憲法違反として、男女5人が国に賠償を求めた訴訟に原告の一人として参加した。

 15年に最高裁大法廷で夫婦同姓を定めた民法の規定を「合憲」とした判決が出された後にも「『塚本協子』の名前で死にたい」と制度の導入を求めて「選択的夫婦別姓を実現する会・富山」の顧問として講演会やワークショップなどの活動を続けた。亡くなる直前まで「男女問わず自由に名前を選べる時代に」と積極的に発言した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです