メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夫婦別姓訴訟の原告 塚本協子さん死去 84歳 制度導入目指し「ななの会」結成

塚本協子さん=富山市内で2015年12月10日、青山郁子撮影

 選択的夫婦別姓制度導入を目指し、夫婦別姓訴訟の原告の一人となった、塚本協子さんが14日、心臓発作のため亡くなった。84歳。葬儀は近親者のみで営んだ。喪主は長男創(つくる)さん。

 高校教員を経て2002年、選択的夫婦別姓制度の導入を目指し「ななの会」を結成。11年、夫婦別姓を認めない民法の規定は憲法違反として、男女5人が国に賠償を求めた訴訟に原告の一人として参加した。

 15年に最高裁大法廷で夫婦同姓を定めた民法の規定を「合憲」とした判決が出された後にも「『塚本協子』の名前で死にたい」と制度の導入を求めて「選択的夫婦別姓を実現する会・富山」の顧問として講演会やワークショップなどの活動を続けた。亡くなる直前まで「男女問わず自由に名前を選べる時代に」と積極的に発言した。

この記事は有料記事です。

残り138文字(全文474文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  2. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです