メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性らしい歌声響かせて、西南大グリーが100周年

 西南学院大(福岡市早良区)の男声合唱団「西南学院グリークラブ」が今年、創設100周年を迎えた。戦前戦後の激動の時代や部員ゼロの廃部の危機を乗り越え、歴史を刻み続けてきた。100周年を記念して22日、アクロス福岡(同市中央区)で現役部員とOB総勢約200人が出演する記念公演を開く。 5日、同市内の教会で、記念公演に向けて練習するOB会「西南シャントゥール」の約60人の姿があった。OB会も今年で発足65周年。会員の平均年齢は72.5歳になるが、公演で歌うロシア民謡などを合唱し、優しくも男性らしい力強いハーモニーが響き渡った。

 グリークラブは、男子中学として学院が創設された3年後の1919年に誕生。学院のチャペルで賛美歌を歌うために歌好きの生徒十数人が宣教師のもとに集まったのがきっかけだった。楽器を演奏する器楽部とともに活動していたが、28年に独立し、34年に初の定期演奏会を開いた。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです