「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
公開された最高級ツアー用観光バスの内部。本革のシートがゆったりと2列で並ぶ=福岡市中央区で2019年9月19日午前9時44分、津村豊和撮影
公開された最高級ツアー用観光バスの内部。本革のシートがゆったりと2列で並ぶ=福岡市中央区で2019年9月19日午前9時44分、津村豊和撮影

 西日本鉄道は19日、10月から九州・山口で始める最高級バスツアーで使うバス車両を報道陣に披露した。車内は大川家具やドイツ製本革の座席を採用し、「ホテルのような上質な空間」を演出した。活動的なシニア世代を主要ターゲットに、バスでしか味わえない「まだ見ぬ地域の魅力」を楽しめる体験型ツアーを用意している。

 最高級バスツアーは「GRANDAYS(グランデイズ)」のブランドで展開。専用バスは既存の高速バス1台を約6000万円かけて改造した。座席数を一般的な観光バスの3分の1(12席)に絞り、ゆったりとくつろげる「夢心地」(倉富純男社長)の空間を目指した。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文565文字)

あわせて読みたい

注目の特集