特集

プライム司法

司法にかかわるさまざまな話題を伝えます。

特集一覧

記者のこだわり

職務質問は拒否できないのか 「執拗な職質で転倒事故」と裁判も 

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
職務質問で転倒事故を起こしたとして裁判を起こした男性=東京都内で2019年7月5日午後1時ごろ、蒔田備憲撮影
職務質問で転倒事故を起こしたとして裁判を起こした男性=東京都内で2019年7月5日午後1時ごろ、蒔田備憲撮影

 「ちょっと、いいですか」。街中でふと警察官から声を掛けられた経験はあるだろうか。警察官が法律に基づいて行う職務質問(職質)に関し「違法な職質で自転車の走行を妨げられ、転倒事故を起こした」として警視庁を管轄する東京都を相手に損害賠償を求めて提訴した男性がいる。男性の裁判を取材し、職務質問について考えてみた。【東京社会部・蒔田備憲】

この記事は有料記事です。

残り3384文字(全文3550文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集