メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

災害に備えペットボトルの水は欠かせない。防災用品を紹介する展示会場で=福井市和田東2の市防災センターで2018年6月20日午後1時50分、岸川弘明撮影

 台風15号の影響で停電や断水が続く千葉県富津市で、市役所が賞味期限の切れたペットボトル入りの水を誤って被災者に配る騒動があった。同様の問題は、過去にも繰り返されている。しかし、飲料水は本来、国の基準で賞味期限の表示を省略してもいいほど劣化しにくい商品で、期限を過ぎていても品質に問題はない。では、ペットボトルに刻まれた賞味期限は何を意味するのか。【和田浩幸/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1823文字)

和田浩幸

1982年生まれ、千葉県出身。2005年早稲田大を卒業後、毎日新聞社入社。北海道報道部、東京社会部、さいたま支局を経て17年から統合デジタル取材センター記者。東京社会部では12年ロンドンパラリンピックや都庁などを担当。15年統一地方選を機に地方議員のなり手不足問題に関心を持ち、議会に代わる「町村総会」を一時検討した高知県大川村などを取材した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです