メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「無罪以外にあり得ない」「罪に問われて当然」検察OBが東電3被告判決を分析

高井康行弁護士=東京靖和綜合法律事務所提供

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣の勝俣恒久元会長(79)、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3被告に無罪が言い渡された19日の東京地裁判決。元東京地検特捜部検事の高井康行弁護士と元京都地検検事正の古川元晴弁護士に判決のポイントを聞いた。

 高井康行弁護士 原発事故を引き起こすような巨大津波の発生を旧経営陣が予見できたかどうかが最大の争点だったが、どの程度の巨大津波が発生するかは諸説あり、無罪は極めて妥当な結論と言える。

 判決は、原発事故を回避するための措置を運転停止しかなかったとしたうえで、巨大津波の予見可能性を検討した。刑法の予見可能性は、漠然とした不安を抱く程度では認められない。判決は運転停止といった社会に多大な影響を与える措置を取らなくてはいけないと判断できるほど具体的に危険を認識できたかを検討しており、過失の有無を判断する手順としては妥当だ。

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 茨城、栃木、群馬で震度4 津波の心配なし

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです