メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高かった罪問うハードル 民事と落差 東電無罪判決 議論呼ぶ強制起訴

検察官役の指定弁護士と被告側の主張

 東京電力福島第1原発事故を巡り、強制起訴された東電旧経営陣3人に対する19日の東京地裁判決は、事故が起きる前の社会通念などに照らしつつ、巨大津波が襲来するとした試算の根拠には疑いがあるとして無罪を導いた。改めて過失罪立証に対するハードルの高さを示した。

「事故の具体的な予見」求めた判決

 判決は、事故が起きる前の科学的知見や原発を取り巻く社会情勢、安全対策を前提として、津波による事故を予測できたかを詳しく検討し、当時の原発に求められていた安全性確保の枠組みを超えて刑事責任を負うことにはならないとした。自然災害による原発事故は正確に予知することが困難とされる中、判決は重大事故で、個人の刑事責任を問うことの限界を示した。

 「事故の結果は重大で取り返しがつかないが、少なくとも地震発生前の時点で、(原発の)絶対的安全性の確…

この記事は有料記事です。

残り3710文字(全文4071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです