メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜県養豚協会長「方針決定は遅すぎたが感無量」 豚コレラワクチン接種実施固まり

岐阜県養豚協会の吉野毅会長=岡正勝撮影

 農林水産省が豚コレラ対策として19日、養豚場の豚へのワクチン接種を実施する方針を固めた。昨年9月以来、対策に腐心してきた岐阜県養豚協会の吉野毅会長は「方針決定は遅すぎたが感無量だ。県内の養豚業界は取り返しのつかない状態になってしまったが、被害者の悲しみ、苦しみをようやく分かってくれたということだろう」と語った。

 昨年9月、岐阜市の養豚場で国内では26年ぶりとなる豚コレラの感染が判明した。同協会では、感染判明当初から、ワクチン接種を求め続けてきた。だが接種を行うと豚肉輸出が難しくなる可能性があり、政府は難色を示してきた。他県の同業者からも当初「(ワクチンを)話題にもするな」と叱責を受けたという。それでも要望し続け、この日も東海地方の国会議員に「一日も早くワクチンを接種してほしい」と、国への働き掛けを強く求…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです