メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幕下が面白い

しのぎ削る同期生 塚原、勝ち越し 納谷、連勝3で止まる 

はたき込みで勝ち越しを決めた塚原(中央)=東京・両国国技館で2019年9月19日午後2時45分ごろ、飯山太郎撮影

 大相撲秋場所12日目の19日、幕内優勝32回を誇る横綱・大鵬の孫で東10枚目の納谷(19)は、東9枚目の琴太豪(26)に押し出しで敗れ、2場所ぶりの勝ち越しはお預けになった。

 納谷は、立ち合いから強く当たって喉輪で相手の上体を起こしながら土俵際まで押し込んだ。ここまでは「良い相撲だった」と納谷。だが、体をぶつけにいったところを琴太豪にいなされ、懐に入られて押し出された。

 納谷は「少し焦った」と、土俵際での勝ち急ぎを反省した。連勝は3で止まったが、相撲内容そのものは前に出ており、「流れは良かった」と前向きに捉えている。勝ち越しをかけた7番相撲へ向けて気持ちを入れ直していた。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです