メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川井友香子、壁は体重の増量 欲出てフォール負けで姉妹五輪お預け 

川井友香子=宮武祐希撮影

 レスリングの世界選手権は第6日の19日、カザフスタンの首都ヌルスルタンで女子6階級と男子フリースタイル2階級が行われ、女子62キロ級の川井友香子(至学館大)は、3回戦でアイスルー・ティニベコワ(キルギス)に敗れた。

 高く上がったレフェリーの手が無情にもマットをたたいた。残り1分42秒でフォール負けした川井友は「情けないの一言です」と声を絞り出した。

 姉の梨紗子に比べて、スピードもパワーもあるわけではないが、相手の勢いをうまく利用しながらバックを取り、確実に2点を積み上げるのが川井友のスタイル。だが、3回戦は欲が出た。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです