豚にワクチン、午後表明 農相、豚コレラ感染拡大で転換

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 江藤拓農相は20日午後、感染が広がる豚コレラ対策として、養豚場の豚へのワクチン接種を実施する方針を表明する。輸出に影響が出る恐れがあるため、これまで野生イノシシへのワクチン投与にとどめてきたが、9月に入り関東まで感染が広がったため、地域を限定して豚にワクチンを接種する方針に転換した。

 豚コレラは、豚とイノシシがかかる家畜伝染病で、昨年9月に岐阜県の養豚場で国内では26年ぶりに感染が判明。今年2月以降に愛知、三…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集