メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

歌手・大橋純子さん がんから復帰の喜びかみしめ、細く長く

テレビドラマが好き。「ご飯を食べつつ見るのが定番です」=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 張りがあって伸びやかな歌声は変わっていなかった。今年3月放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、闘病から復帰し、約1年ぶりに生歌を披露した。歌い終わった後、少し涙ぐんでいるように見えた。やはり万感胸に迫る思いだったのだろうか。「そんなふうに見えましたか。本番前の司会の宮根(誠司)さんの冗談で笑いすぎて、涙が出たのかもね。ふふふ」

 昨年2月、初期の食道がんと診断された。2カ月後にはコンサートが控えていた。生まれて初めてという記者…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです