メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

歌手・大橋純子さん がんから復帰の喜びかみしめ、細く長く

テレビドラマが好き。「ご飯を食べつつ見るのが定番です」=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 張りがあって伸びやかな歌声は変わっていなかった。今年3月放送の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」で、闘病から復帰し、約1年ぶりに生歌を披露した。歌い終わった後、少し涙ぐんでいるように見えた。やはり万感胸に迫る思いだったのだろうか。「そんなふうに見えましたか。本番前の司会の宮根(誠司)さんの冗談で笑いすぎて、涙が出たのかもね。ふふふ」

 昨年2月、初期の食道がんと診断された。2カ月後にはコンサートが控えていた。生まれて初めてという記者…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです