メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

酒田の酒を中国輸出 純米酒3銘柄、港から出発へ /山形

トラックに積み込まれる輸出用の日本酒=山形県酒田市で

 酒田市黒森の酒造メーカー「菊勇」(佐藤剛宏社長)が、同市の友好都市、中国・河北省唐山市に純米酒を初めて輸出する。酒田港から近く、出発する。

 丸山至市長を団長とする市使節団が5月に唐山市を訪れたことがきっかけで商談がまとまった。18日は菊勇本社前で記念式典があり、丸山市長は「酒田の酒が、しかも酒田港…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです