メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 宮内庁三の丸尚蔵館(東京都千代田区) 外国人に高い人気 /東京

皇室ゆかりの多彩な品を保管、公開している三の丸尚蔵館=東京都千代田区で

 皇居の大手門で手荷物検査を受け、通行証をもらって東御苑に入る。先を行く人も、後ろに並んでいる人も外国人だ。いろいろな国の人たちに交じって約100メートル歩くと、平屋の建物が見えてきた。これが三の丸尚蔵館で、皇室から寄贈された美術・書・工芸品約9800点を管理する。1993年に開館し、常設展はないが、企画展を年3~4回開き、テーマに沿って所蔵品を一般に公開している。

 所蔵品は、かつて御所で装飾品として実際に使われたり、国内外からお祝いなどで贈られたりした品々が多いため、特定の分野や時代に偏っていないのが特徴だ。歴史的価値の高い品としては、教科書に掲載されている鎌倉時代の「蒙古襲来絵詞(えことば)」や、安土桃山時代の狩野永徳らによる「唐獅子図屏風(びょうぶ)」などがある。書は平安時代の名筆がそろっており、小野道風、藤原佐理、藤原行成の三跡の作品も所蔵している。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです