メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 宮内庁三の丸尚蔵館(東京都千代田区) 外国人に高い人気 /東京

皇室ゆかりの多彩な品を保管、公開している三の丸尚蔵館=東京都千代田区で

 皇居の大手門で手荷物検査を受け、通行証をもらって東御苑に入る。先を行く人も、後ろに並んでいる人も外国人だ。いろいろな国の人たちに交じって約100メートル歩くと、平屋の建物が見えてきた。これが三の丸尚蔵館で、皇室から寄贈された美術・書・工芸品約9800点を管理する。1993年に開館し、常設展はないが、企画展を年3~4回開き、テーマに沿って所蔵品を一般に公開している。

 所蔵品は、かつて御所で装飾品として実際に使われたり、国内外からお祝いなどで贈られたりした品々が多い…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです