メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

清流悠遊

明智頼重665回忌 /岐阜

明智頼重の位牌を加藤淳司市長に説明する黒田正直・妻木城址の会会長(右)=岐阜県土岐市妻木町の崇禅寺で

 土岐明智氏の初代明智頼重665回忌の法要が命日の今月10日、土岐市妻木町の臨済宗・崇禅寺で営まれた。NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(来年1月放送開始)の主人公・明智光秀を盛り上げようと、主催者の妻木城址の会が報道陣を集めて執り行った▲明智頼重は生年不詳だが、南北朝時代の1354(文和3)年に崇禅寺を開基し、翌年9月10日に没した。戒名を記した頼重の位牌(いは…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです