メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

ジョージアの活躍、期待を 豊田で23日初戦、名古屋で歓迎セレモニー /愛知

河村たかし名古屋市長(手前右)と笑顔で握手するジョージア代表チームのメラブ・シャリカゼ主将=名古屋市中区の名古屋能楽堂で

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場するジョージア代表の歓迎セレモニーが18日、名古屋市中区の名古屋能楽堂で開かれた。市は同チームの公認キャンプ地で、選手たちは大会での健闘を誓った。

 選手ら50人が到着すると、市内の津賀田、浄心、御田の3中学のラグビー部員ら計120人が大きな拍手で迎えた…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  4. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです