メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ2羽、大空へ 養父で放鳥、救護の1羽も解放 今年度県内初 /兵庫

箱から野外に飛び立つコウノトリ=兵庫県養父市八鹿町小佐で、村瀬達男撮影

 養父市と県立コウノトリの郷公園(豊岡市)は19日、養父市八鹿町小佐(おさ)地区で今年度、県内で初めてコウノトリ2羽を放した。2005年以来、県内で51羽目。福井県越前市の9羽と千葉県野田市の11羽を含めると、全国で71羽目の放鳥となる。

 放したのは、今年5月、同公園で生まれた雄と雌。例年は養父市伊佐(いざ)にある放鳥拠点のケージの天井を開ける…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです